線を引き、線を消す。

夜明けだよ 青から赤っていうけれど
カーテン越しでわからない今日もなの?って聞かないで
消しカスだらけの机にシャーペン
ねぼけた眼で
まとまらないプランを見つめる
狂ったように
 

 

ただ 線を引き 線を消す

 

リビングは テレビを見る部屋じゃない
キッチンは 料理を作るところではないし
浴室は   体を洗うところじゃない
寝室は   眠るための場所ではなくて
階段も   単なる移動空間じゃない
家は    あたたかいものだけど
      あたたかいだけじゃない
 

 

線を引き 線を消す

 

きみのために  世界を広げよう
柔らかい肌には 柔らかな光を届けよう
ステキな目には 真実を映してあげよう
ちいさな耳には どんな音色が似合うだろう
ながれる髪から 香りを写す風も入れようね

 

線を引き 線を消す
 

 

いつもの1日について話す口元
シチューをのぞき込む背中
湯けむり混じりの楽しげな鼻歌
ちいさな吐息の横ではスマホの画面
かわいい足音が奏でるリズム
きみはたくさんの笑顔をくれるけど
涙こらえ
夕日をみつめるようにもなるのかな
 

線を引き 線を消す
 

 

建築は きみを写すスクリーン
いろんなきみに光を当てて
どんな時でも受け止められるかな
そこにいて幸せだろうかと呟いてみたものの
そもそも 
オレは幸せや不幸の意味を知っていたっけ
 

 

圧倒的な想像力を 動力にして
線を引き 線を消す
自分を疑い 決してあきらめず
線を引き 線を消す
コトの本質を 見極めるまで
線を引き 線を消す
 

 

その線は 未来のきみへの
   唯一の捧げもの

だから今夜もプランニング狂と化す

線を引き 線を消す